スキンケア・美容コラム記事一覧

肌が美しいかどうか判断を下す場合、毛穴が鍵となります。黒ずみ状態の毛穴が目立つと大変不潔というイメージになり、好感度が下がることと思います。周辺環境に変化が訪れた際にニキビが生じてしまうのは、ストレスが主たる原因です。できる限りストレスを蓄積しないことが、肌荒れをなくすのに有用です。今ブームのファッションでおしゃれすることも、或は化粧の仕方を勉強することも大切ですが、優美さを維持したい時に最も大切...

思春期の頃はニキビに悩むことが多いですが、時が経つとシミや毛穴の黒ずみなどが一番の悩みとなります。美肌をキープすることは容易なようで、本当は極めて困難なことだと断言します。若い時から健全な生活、栄養豊富な食事と肌を気に掛ける生活をして、スキンケアに力を注いできた人は、年齢を重ねた時にはっきりと分かると断言します。力任せに皮膚をこすってしまう洗顔の仕方だと、摩擦が災いして赤くなってしまったり、表面が...

相当な乾燥肌で、「少しの刺激でも肌トラブルに見舞われる」という人は、それをターゲットに製造された敏感肌向けの低刺激なコスメを使った方が賢明です。「若い時代は何も手入れしなくても、当然のように肌がプルプルしていた」という女性でも、年を取るにつれて肌の保水機能が衰退してしまい、挙げ句に乾燥肌になってしまうのです。シミを防ぎたいなら、最優先に紫外線カットをしっかり実施することが大切です。日焼け止めアイテ...

「ニキビというものは10代ならみんなが経験するもの」と高を括っていると、ニキビの跡がクレーター状になったり、肌が変色する原因になってしまうことが多少なりともあるので気をつける必要があります。顔の表面にシミが目立つようになると、一気に老いてしまった様に見られるというのが常識です。ぽつんとひとつシミが出来ただけでも、現実よりも年老いて見えてしまうのでちゃんと予防することが肝要です。日頃のスキンケアに取...

「肌がカサついて引きつりを感じる」、「時間をかけて化粧したのに短時間で崩れてしまう」というような乾燥肌の人の場合、スキンケア用品と日常の洗顔方法の再検討が必要です。しわで悩まされたくないなら、肌の弾力感を持続させるために、コラーゲンをいっぱい含む食事を摂取するように見直しをしてみたり、表情筋を強くするトレーニングなどを実行することが大切です。「保湿には何かと気を遣っているというのに、まったく乾燥肌...

30才40才と年齢をとったとき、老け込まずに美しさや若さを兼ね備えた人に見られるかどうかのキーになるのは美肌です。スキンケアを実施して健やかな肌を自分のものにしましょう。敏感肌の方は、お風呂では泡をいっぱい作ってやんわりと撫で回すように洗浄しなければなりません。ボディソープにつきましては、できるだけ肌に負荷を掛けないものを選定することが大事だと考えます。「気に入って用いていたコスメ類が、なぜかフィ...